検索
  • Takekoshi_LAB

ラボ試薬の作り方 ーリストー

最終更新: 9月10日

日ごろ研究室でよく使われる試薬の作り方のリストを作成しました。

皆さんの参考になればと思います。

注意:以下のリストはすでに公表されている論文などを参考にしておりますが、試薬を調整する際は自己責任でお願いいたします。


■10 x Cell / tissue lysis buffer

Tris Hcl-----30.3g

NaCl-----43.83g

EDTA2Na-----1.86g

H2O-----400ml

pH7.4に合わせる

500mlにメスアップ

↓オートクレーブ

室温保存


■1% NP40 cell / tissue lysis buffer 100ml

10% NP40 (in DW) 10ml

10 x cell / tissue lysis buffer 10ml

DW 80ml

室温保存

使用時はプロテアーゼインヒビターやフォスファターゼインヒビターを加える


■LB medium 1L

Bacto Tryptone 10g

Bacto Eeast Extract 5g

NaCl 10g

DW up to 1L

↓オートクレーブ

4℃保存

使用時は以下のアンピシリンまたはカナマイシン溶液を1/100量加える


■カナマイシン溶液 50mg/ml

カナマイシン塩酸塩 500mg

DW up to 10ml

↓フィルター滅菌 (省略可)

-20℃保存


■アンピシリン溶液 50mg/ml

アンピシリン500mg

DW up to 10ml

↓フィルター滅菌 (省略可)

-20℃保存


■2x 組換えアデノウイルス保存 buffer

組成:10mM Tris pH8.0, 100mM NaCl, 0.1% BSA, 50%Glycerol

Tris 121mg

NaCl 584mg

BSA 100mg

DWを40ml加える

pHを8.0に合わせる

DWで50mlにメスアップ

グリセロールで100mlにメスアップ

0.45umのフィルターに通す

4℃保存




ウエスタンブロッティング用Buffer ①~⑪


①10×TG buffer (トランスファーで使用)

Tris 36.25g

グリシン 181.2g

DW up to 1L

スターラーをまわして溶かす

室温保存

②10× TBS buffer

Tris 60.6g

NaCl 87.6g

DW 800ml

スターラーでとかしてpHを7.6にする. 6mol/Lの塩酸50ml以上必要

DWで1Lにする

室温保存

③1×TBS-T 0.1% (洗浄用、ブロッキング用、抗体希釈用)

TBSを1×にして、Twwen20を0.1%分加える

4℃保存

④10×runing(泳動)バッファー

Tris 30.3g

グリシン 144g

SDS 10g

DW up to 1L

室温保存



⑤トランスファーバッファー

20% or 10%メタノール in 1×TG

用事調整 作り置きは避ける

⑥5% Skim milk in 1×TBS-T (ブロッキング、抗体希釈用)

Skim milk 2g

1×TBS-T up to 40ml

4℃保存

1週間以内に使用する


⑦10% 過硫酸アンモニウム(APS)

過硫酸アンモニウム 1g

DW up to 10ml

-20℃保存


⑧20 % SDS

SDS 20g

DW up to 100ml

室温保存


⑨ 2x SDS Protein Sample Buffer

グリセロール 2ml

1M Tris/HCl pH 6.8 1.2ml

SDS 0.4g

Bromophenol blue 2mg

DW up to 10ml

室温保存

使用時にβ-メルカプトエタノール を10%ととなるように調整


⑩1M Tris HCl (pH6.8)

Tris 60.55g

H2O350ml

1mol/L塩酸でpH 6.8に合わせる

500mlにメスアップ

↓オーククレーブ

室温保存


⑪1.5 M Tris HCl (pH8.8)

Tris 90.83g

H2O 350,l

1mol/L塩酸でpH 8.8に合わせる

500mlにメスアップ

↓オーククレーブ

室温保存


■SNET buffer 1L

Tris 1.12g

EDTA 2Na 29.2g

SDS 5g

DW 800ml

pH 8.0に合わせる

DW up to 1L

室温保存


■Proteinase sol (10mg (483u)/ml)

Proteinase K 100mg (Nakarai 29442-14)を10 mlのミリQ水で溶かす

→小分けにして-20℃保存



■High salt buffer for RNA extraction

1.2M Nacl /0.8M くえん酸三ナトリウム二水和物

Nacl 14.03g

くえん酸三ナトリウム二水和物 47.06g

DW up to 200ml

オートクレーブ

室温保存


■10x PBS

Nacl 160g

KCl 4g

リン酸 水素 2ナトリウム 58g

リン酸 2水素 カリウム 4g

DW up to 2L

オートクレーブ

室温保存


■ミトコンドリア単離Buffer 以下①~④

① 2M Tris HCl 200ml

Tris 24.23g

DWup to 160ml

Adjust pH7.5 using HCl

DW up to 200ml

室温保存


② 0.25M EDTA 200ml

EDTA 2Na 2H2O18.61g

固形化NaOH 2g程度

DW160ml

Adjust pH 7.4 using NaOH

DW up to 200ml

室温保存


③ 0.1M DDT 10ml

DDT 15402mg

DW up to 10ml

小分けにして-20℃保存


④ミトコンドリア単離実験直前に以下のように調整、当日使い切り

ショ糖 855.8mg (Final 250mM)

①25ul

②40ul

③100ul

プロテアーゼインヒビターカクテル

DW up to 10ml




■2次元電機泳動・その他用 Urea lysis buffer

For 200ml scale

Stook solution① Urea (6M) 72.72g Thiourea (2M) 30.48g CHAPS (2%) 4g TritonX100 (1%) 2ml

DW up to 195ml

----------------------------------

Store at room temp as stook solution①


Stook solution②

DDT 2g

DW up tp 10ml

----------------------------------

Store at -20℃ as stook solution②


③Adjust just before use

Stook solution① 9.5ml

Stook solution② 0.5ml

----------------------------------

Total 10ml




参考文献


78回の閲覧1件のコメント
〒305-8577 茨城県つくば市天王台1-1-1
医学系学系棟236号室
筑波大学 医学医療系 臨床検査医学/スポーツ医学研究室
RNA-seq 解析チーム 担当 菅澤
Tel: 029-853-3209
takekoshi2020 "at" gmail.com
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram
86240284_125401979001144_123749660044034